Google Cloud Platform Compute Engineインスタンス作成メモ

投稿者: | 2018-08-18

自分用のメモです。

VMインスタンスの作成は以下Qiita記事を参考にしました。

GCE の無料枠のサーバを立るときに、初見でハマりそうなところ

新しいプロジェクトを作成します。プロジェクト名は30文字以内と英数字,-(ハイフン)のみという制限があります。作成に3〜5分ほどかかります。

プロジェクト作ったらVMインスタンスを作成する前にSSHで使用するユーザ名と認証鍵の設定をします。認証鍵の作成はssh-keygenコマンドで作成してください。

ssh-keygen – 認証用の鍵を生成 – Linuxコマンド

設定すると以下のようになります。

ターミナル(WindowsならTeraterm、Macならターミナル)を使用してSSH接続する。

$ ssh -i .ssh/id_rsa <user>@<ip address>

次にSSHポートの変更と鍵認証の有効化を実施する。

Compute EngineのファイアウォールとインスタンスにSSHで使用するポート(例. 40022)を追加し、PubkeyAuthentication yesにする。新しいターミナルを起動し、ポート番号を指定してSSH接続できるか確認する。

$ ssh -i .ssh/id_rsa -p 40022 <user>@<ip_address>

この記事を書くのに意外と時間がかかりました。Raspberry Piと繋ぐこともしてみたいと思います。

それではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください